ちんちん危機一髪ゲームでOLに乳首と亀頭を責めながら寸止めされる話

⏱この小説は12分で読めます


ちんちん危機一髪。

複数の女性が1人の男を取り囲んで、1人ずつ順番にペニスをしごいてゆく。そして、射精させてしまった人が負け。

アダルトビデオが発祥となったこのゲームが、日本のとある企業で流行っている。

今日も、男は女性たちに道具として扱われるのだ。

 

「それじゃあ、負けた人が夕飯奢りということで」

「異議なし」
「はーい」

金曜の夜、社員のほぼ全員が帰宅した時間。社内の使われていない会議室で、3人の女性がゲームを決行していた。

「何、放せって? ダメに決まってるでしょ?」

1人の女性が、今日の”暴れている道具”を見下ろして嗤った。

そこには、椅子に繋がれた1人の男がいた。両手を後ろ手に縛られ、椅子の背面に固定されている。これでは、どれだけ暴れても抜け出すことはできない。

今日の”道具”は、金曜の夜まで残業していた若い男社員だった。

「こんな暇な時期なのに残業なんてねぇ。こう言うのも何だけど、ちょっと無能が過ぎるんじゃないの?」
「私たちのおもちゃになってたほうが、会社にとっても良いですよ」
「まぁ、悪いことばかりじゃないよー? 気持ちーし」

この会社では、数も能力も女性が圧倒的に優位。彼女たちが優秀なだけに、男はいつもうだつが上がらなかった。

今や、このゲームは会社からも黙認されている状態だ。男には、入社当初のちょっと下心を抱いていた時期が懐かしかった。

まさか、こんな屈辱的な目に遭わされることになるとは。

 

「はい。それじゃあ始めるよー」

女性の1人が、オナホールにローションを垂らしてゆく。彼女たちは、ゲームを公平に行うためにルールを決めていた。

  • ゲームに参加するメンバーが、1人ずつペニスをしごく
  • しごく時は、先っぽから奥までしっかりと
  • 1人10コキまでしたら交代
  • 射精させた人が負け。それまでローテーションする
  • しごく時は、オナホールを使う
  • 待機中のメンバーは、射精を促すための妨害ができる
  • ただし、男器およびオナホールに触れることは不可

 

3人の女性たちはジャンケンで順番を決める。1人目の女性が、オナホールを男のペニスにあてがった。

「まぁ、いきなり出すほど早漏じゃないでしょ」

部署のなかでもリーダー的存在の、ショートヘアの女性。男社員がここまでの扱いを受けている元凶でもあり、もっとも恐れられていた人物だった。

彼女がオナホールをペニスの根本まで押し込んでいく。その刺激に、男は思わず苦悶の声を上げた。

「な、ななっ。何だか反応凄いんだけど」
「今日のオナホールは、先っぽが凄いヤツでーすっ」

その理由は、彼女たちがやり取りしている通りだ。

オナホールは根本こそゆったりしているのに、亀頭が潰されるぐらい奥がキツい。

そして、細かいヒダがゾリュゾリュと亀頭を責め立てる。オナホールが少し動くだけで、腰が浮いてしまいそうだ。

「また随分と強力なものを……。今日のゲームは中々厄介ですね」
「お腹空いてるしー、早く終わるならそれで良いよ。ほら、早く早くー」

「分かったってっ。はい、いーち、にー、さーん」

ペニスが上下にしごかれる。

他人にしごかれるのは、自慰では味わえない快感だ。それでも、まだまだ最初で、彼女たちに対する抵抗心も衰えない状態。

最初の10回は難なく終えた。

 

「ふぅ、はい次」
「私ですね、さっさと終わらせましょう」

オナホールごしに、ペニスを握られる感触が変わった。

キリッとした表情、真っ直ぐの黒い髪、黒縁メガネ。2番目の女性は、冗談の通じなさそうな、お硬い委員長タイプの女性。

そんな彼女ですら、男を”道具”として扱っている。ここはそんな会社だった。

「はい、12345」
「ちょ、ちょちょっ! 速い速い速い速いっ!」

2人目の女性が、ためらいなく男器をしごく。そのスピードは速く、握りも強い。

そのまま続けられたら、あっという間に射精してしまいそうな快感。しかし、動きが速い分だけ、10回しごくのもあっという間だった。

 

「はい、次」
「うわぁ。もう、おちんちんビクビクしてるー。早すぎだよー」

恐る恐るオナホールを握ったのは、3人目の女性。

パーマを掛けた茶髪にタレ目。見るからにふんわりとした雰囲気を持っており、言葉も口調も他の2人と比べばずっと優しい。

もっとも、男が”道具”として扱われていることは変わらないのだが。

「い~~~~ち~~っ、に~~~~い~~っ」
「うわ、おっそ」

2人目と比べると、あまりに遅い動きだった。

しかし、ゆっくりだからこそ、オナホールの中にあるブツブツやヒダヒダが鮮明に感じ取れる。亀頭がネットリゾワゾワとなぶられて、嫌になるほど敏感になった気がした。

それでも、何とか射精することなく、じっくりとした10回のしごきを乗り越えた。

 

ゲームのために使われるという屈辱的な背景を除けば、男は至福の時間に思えた。3人の女性に囲まれて、これでもかとペニスをいじられるのだから。

しかし、男はまだ知らない。

このゲームは、後半になるほど苦痛になることを。

 

「さて、1周回ったね」

2周目に入る。合計30回しごかれた男としては、良い具合に昂ぶっている状態だ。

しかし、1人目の女性がオナホールを握った瞬間、自分の番ではない2人が男を取り囲んだ。

「それでは、そろそろ」
「本気を出そうかなー」

彼女たちはそう笑って、男のシャツをめくり上げる。そして、露出した乳首を指先で弄り始めたのだ。

男が予想していなかった刺激に、喉から裏返った声が出た。

「何ですか、その声。気色悪いですね」
「乳首、弱いんだー? かーわいいー」

2人は笑いながらも、乳首を責める手を止めない。

右の乳首は、2番目にペニスをしごいてきたキツめの女性に。爪で引っ掻いたり、つねりながら捻ったり。ペニスをしごく時と同じく、乳首を責めるのも激しい。

左の乳首は、3番目のふんわりとした女性に。指先でくすぐったり、ゆっくりこねくり回したり。右側とは反対に、甘く優しい。

まるで正反対な乳首責めに、射精感がいっきに高まってゆくのを感じた。

 

「ふふんっ、臨むところよ」

オナホールを手に持っていた1番目の女性は、そんな明らかな妨害にたいして笑った。

  • 待機中のメンバーは、射精を促すための妨害ができる
  • ただし、男器およびオナホールに触れることは不可

これは、3人で決められたルールだった。

 

「いーち、にーい」

ペニスがしごかれ始める。

同時に、乳首も責められる。両側に立った2人の身体がスーツ越しに密着して、髪が肩や首筋をくすぐる。

同じオナホールを使っているのに、快感が段違いだった。たった10回でも、我慢できなくなってしまいそうなぐらい。

しかし、射精はしなかった。

 

「10っ! はい10! 次!」
「そんなに言わなくても分かってますよ」

2人目の女性にオナホールが渡される。手渡した1人目の女性は、男の横に立つや否や、ニヤリと笑った。

「さぁて、さっさと勝負終わらせましょ」

次の瞬間、ネットリとした快感に、男の腰が思わず跳ねた。

1人目の女性が乳首を舐めていた。舌先をグリグリと押し付けられるのは、神経まで蕩かされるような快感だった。

「あー、私もー」

それを見ていた3人目の女性も、男の乳首を舐め始める。チロチロとした舌先が、ゾワゾワとくすぐったくて気持ち良い。

「……私の番で、それはズルくないですか?」

「んちゅっ、はむ……。先にやらないほうが悪いんだよぉ」
「れろぉ、ぺろぺろぺろ……。ほら、早くしないと、どんどん不利になるよー?」

「まったく……」

そして、ペニスがしごかれ始める。

相変わらず、2番目の彼女は握りが強く、しごくのが速い。オナホールの内側にあるヒダヒダが、亀頭を磨いてゆく。

射精というよりは、漏らしてしまいそうな快感だ。

「9、10。はい終わりです」

それでも、射精はしなかった。

 

「さて、私も本気を出しますか」

2番目の女性は、オナホールを手渡しながら、男の隣に再度立つ。そして、よだれでヌルヌルになった乳首に口を付けて、歯を思いっきり立てた。

男は悲鳴を上げる。しかし、感じたのは痛みだけではなかった。

「うわっ、いつも思うけど、痛そ……」
「ちゃんと加減してますよ。意外と良いみたいですよ?」

「気持ち良いみたいだよー? おちんちんビクビクしてる」
「あらホント。とんだドMね」

女性たちが嗤う。しかし、快楽を感じてしまった以上、反論はできなかった。

 

「じゃあ始めるよ。い~~~~ち~~っ、にぃ~~~~い~~」

2周目の3番目。ペニスがしごかれ始める。

そのスピードは案の定遅い。きっと本人は、射精しないようにゆっくりしごいているのだろう。

しかし、逆効果だ。ゆっくりしごかれる分だけ、亀頭への刺激が鮮明になる。焦らされた分だけ、いざ動いた時に気持ちが良すぎる。

ゾワゾワ感で、変な声が出てしまうぐらい。

「さぁ~~~~ん、しぃ~~~~、い~~~~~~~~~~……いっ」

下手をすれば、1回しごくのに30秒以上掛かる。他の2人と比べて、圧倒的に長い時間。

その間、ずっと乳首を責められ続けるのだ。

片方は、時折焦らしたり、指で皮膚を伸ばして感度を倍増させたりなど。熟達したテクニックで快感を送り続ける。

もう片方は、爪でつねられたり、歯で噛まれたり。痛いぐらい強すぎる刺激なのに、不思議と気持ち良かった。

「じゅ~~~~~~う~~~~~~~~っ! はい、おわりー!」

ずっとずっと、射精しそうだった。

それなのに、出なかった。

 

「次は私か。……さて、こっからが正念場ね」

3週目に入る。

男は心身ともに疲れて始めていた。両乳首を責められて、ペニスをしごかれて、それでも射精させてもらえない。

果たして、いつになったら射精させてもらえるのだろうか?

 

思考力を削られて、冷静に考えられなくなった彼でも、そろそろ気づき始める。

「……よーん、ご――っとストップぅ! 危ない危ない」

「惜しかったですね」
「たぶん、後1回でイッちゃってたねー」

「まだまだこれからよ。さて再開、ごーっ、ろーくっ……」

3人の女性たちは、最初から彼を射精させる気なんてないのだ。

けっして射精させず、それでもギリギリまで高めてから、次の相手に渡す。

それを何度も何度も繰り返す。

それが、このゲームの趣旨なのだから。

 

両乳首を責められながら、ペニスをしごかれること合計で60回弱。男はもう限界だった。

だから叫んだ。『もう止めてくれ』『イカせてくれ』と。

しかし、彼女たちは嗤うばかり。

「良いですよ、私の番でなければ」
「そうだねー。そしたら私たちはタダ飯けってーい!」

「あなた、今私の番なの。出したら、分かってるわよね……?」

 

ひたすら寸止めを繰り返される地獄のようなゲームは、まだまだ続いてゆく。

 

4週目、5週目。

最初は半狂乱になって叫んでいた男も、いつしか大人しくなっていた。

 

6週目、7週目。

体力も精神力も削られ切っている。それなのに、敏感なところを責められたら、身体は嫌でも反応してしまう。

 

8週目、9週目。

彼が反応するたびに、弱点が露呈する。

 

10週目、11週目。

ゆえに、回を増すごとに、快感はどんどん強くなってゆく。

 

12周目、13週目。

それでも、彼が射精することはなかった。

 

14周目、15週目。

快感が全身に溜まっていく。

 

16週目、17週目、18週目……。

 

もう、何周目なのか分からない。

 

終わりは前触れもなく訪れた。

「――えっ!? うわわわっ!!?」

ペニスと乳首を責められ続けて、快感が溜まりに溜まり切った末の射精。それは、ほとんど暴発だった。

今まで出したことのない量の精子が、オナホールに収まり切らず、床にボタボタと滴り落ちてゆく。

「よっしゃー!! けってーーい!」
「ふぅ……。それでは、今晩はごちそうになります」

 

「えぇぇぇー! なんでーー!? あんなにゆっくり触ってたのにーー!?」

運悪くそのタイミングに出くわしてしまったのは、3番目のふんわりとした雰囲気の女性だった。

ゲームが進むごとに、ゆっくり、さらにゆっくりとペニスをしごいていた彼女にとって、この結果は納得がいかないようだ。

もっとも、ジワジワと神経の1本1本まで開発するような責め方のせいで、乳首も亀頭も嫌になるほど敏感になってしまったのだが。

 

ともあれ、これで屈辱的で苦痛なゲームは終わった。解放されて、平穏な日常に戻れる。

と思っていたのは、男1人だけだった。

 

「……ねぇ、あなた。何てことしてくれるの?」

ふんわりとした、それでもドス黒い声が部屋に響く。

射精させてしまった3番目の女性が、男のことを見下ろしていた。今までの柔らかな雰囲気を纏いつつも、どこか口を挟めない威圧感があった。

「言ってたよねー。イカせてくれって」

彼女はそう言いながら、男のペニスに何かを押し付ける。

「それじゃあ、ずっとイッてなよ……!」

そして、『何か』のスイッチを入れた。

 

グチュ、グチュグチュグチュグチュ!

強すぎる快感がペニスを襲う。男は悲鳴を上げた。

「うっわぁ、えげつないねぇ」

彼女がペニスに被せたのは、電動式のオナホールだった。手で動かさなくても、勝手にペニスがしごかれ続ける。

射精した後のペニスは敏感だ。とくに、亀頭はオナホールの内壁が擦れるたびに漏らしてしまいそうなぐらい。この快感はもはや暴力だ。

「外れないように、ちゃーんと固定してあげるね」

おまけに、腰にテープをグルグルと巻かれる。オナホールが固定されて、さらに身動きが取れなくなった。

『イカせてくれ』とは言った。しかし、こんなに苦しい快楽は望んでいない。

 

「さあ、気が済んだら行きましょうか」
「……そうだねー」

3人の女性たちが、部屋から出ようとする。

男は叫んだ。『頼む、外してくれ』『もう射精したくない』『悪かったから』『ごめんなさい』『ごめんなさい』『ごめんなさい』

それでも、彼女たちの足は止まらなかった。

「それで、どこ行く?」
「この前話してたところが良いですね。ほら、カジュアルフレンチの」
「うへぇー。高すぎるところは止めてよぉー」

 

扉が閉まる。

男が聞こえるのは、機械の嫌な電動音と、椅子のガタつきと、自分の悲鳴だけ。

身体を拘束されていて、オナホールも固定されている。どうやっても抜け出せそうにない。

乳首を散々苛められて、亀頭を犯されて、寸止めを繰り返されて。彼の身体は自分で驚くほど敏感になっている。

ゆえに、彼は射精し続ける。

オナホールが上下に動く度に、自分のことを苛めた女性たちの指や舌先が、そして最後に憎悪を顕にした『あの人』の表情と声が、最高のオカズとして脳裏に思い浮かぶのだ。

 

乳首責めの定番アイテム
U.F.O. SA
U.F.O. SA

 

U.F.Oといっしょに(専用ローション)
VORZE スムースローション
VORZE スムースローション

 

搾精シチュにピッタリ(上ローションが使えます)
A10ピストンSA
A10ピストンSA

A10サイクロンSA
A10サイクロンSA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です