根暗な女子高生が放課後にトイレでこっそりチクニー絶頂する話

⏱この小説は10分で読めます


関連グッズ

乳首責めの定番アイテム
U.F.O. SA

U.F.Oの専用ローション
VORZE スムースローション

2年4組、高良たから沙織さおり

勉強も運動も並、友達も恋人もいない。

私にとって、高校生活はつまらないものだった。

残りの高校生活は1年と何ヶ月か。きっと、このまま何の刺激もないまま卒業してゆくのだろうと思っていた。

少し前までは。

 

放課後。私はカバンも持ったまま校舎C棟1階西の女子トイレに入る。

被服室や調理室が側にあるだけで、放課後は人通りが少ない場所。だけど、校庭からは近く、運動部たちの男女入り混じった声が聞こえる。

を感じられる、私のお気に入りだった。

 

いつもどおり。女子トイレの中には誰もいない。

私は1番窓に近い、奥の個室に入った。

そして、真っ白の味気ないショーツを下ろし、スカートを持ち上げて洋式の便座に座る。

(濡れてる)

自分のアソコが、もうグショグショに濡れているのに気づいた。午前からずっといたから仕方がない。

(もう待ちきれない)

始めよう。

私は、半ばがっつくように、自分の胸に手を伸ばした。

 

「っ」

鼻から吐息が漏れる。私はブラウスの上から自分の胸を揉み続ける。

はっきり言って、衣服の上から揉んでもそんなに気持ち良くはない。

だけど、揉み続ける。じっくりコトコトと煮込んでこそ、この後が気持ち良くなることを知っているからだ。

 

それは紛れもなくオナニーだった。

学校のトイレでをしてしまったのは、2年になったばかりの時が最初。ネットで見てしまった動画が原因だった。

それは、可愛い女の子が大勢の前でイケないことをする内容だった。

絶対に恥ずかしいはずなのに、その人は大勢の前でするとすごく気持ち良さそうにするんだ。

エッチの仕方は知っているけど、私は『2人きりで誰にも見つからないようにするもの』だと思っていた。

だから、その動画は衝撃的だった。そして、自分の部屋でのが物足りなくなってしまった。

それから1週間ほど悶々とした時間が過ぎて、『もう我慢できない!』と駆け込んだのがここの個室だった。

びっくりするぐらい気持ち良くて、それから私はほとんど毎日ここのトイレに通っている。

 

「っ……、……」

身体が温まってきた。そろそろ、次に行こう。

ブラウスとシャツのボタンを外す。そして、次に白いブラ。

バストサイズはC。年齢を考えれば、平均かそれより少し大きいぐらい。

(誰も居ない)

私は改めて耳を澄ませてから、ブラのホックを外した。

にすぐ付け外しできるよう、私はフロントホックのブラを愛用している。

ブラが2つに割れて、乳首が露出した。汗ばんだ上半身が外気に晒されて心地良い。

私は乳輪も乳首も小さいほうだと思う。色もキレイだ。

正直言って、をし続けて乳首が変に大きくなったり、色が汚くなったりしないか不安ではある。

だけど、止められない。こんなに気持ち良いのだから。

 

私は胸の付け根に手を当てて、持ち上げるようにゆっくりと揉みしだき始めた。

「っ、ふぅ……」

やっぱり、は気持ち良い。

胸の奥にある気持ち良いところまで、しっかり指が突き刺さる。

ここまで来たら、もう戻れない。

もし、今トイレの個室が間違って開いてしまったら、言い逃れなんてできないだろう。

明らかに一線を超えていることを考えると、ますます興奮してしまう。

 

もっとギリギリのラインまで。

私の指が自然と私自身を追い込んでゆく。

「ひゃっ、つ……」

胸を揉むだけじゃない。下乳から腋の下までを指でなぞる。

ゾワゾワとしたくすぐったさにも似た快感に、声を抑えられなくなってしまう。

「うっ、ぁ、あ……」

胸を下から支えて、ブルブルと振動させるように揺らす。

これが意外と、胸の奥にまで響いてくる感じがして気持ち良い。いつか電マを2つ買って、最大出力で胸に押し付けてやりたいと思っているぐらい。

 

もっと。もっと。

をしている時、私の手は決まってイジワルになる。

親指と人差し指が、私の両乳首を思いっきり捻り上げた。

「っひぃぃっ!?」

もし聞かれていたら逃れようもない明らかな悲鳴が、女子トイレを響かせた。

 

「っ、ふぐっ! んう゛ぅっ!」

私は反射的に口を塞ぐ。鼻からみっともない声が漏れる。

だけど、乳首を弄る手は止まらない。止められない。

「う゛、っくぅ……!? ひっ、んんんんっ!」

あぁ、これだ。

私は以前、頭の先からつまさきまで、全身のありとあらゆるところを触ってしてみたことがある。

アソコは気持ち良いけど何か違う。お尻は別に気持ち良くない。他の場所も鈍感で何も感じないか、ただくすぐったいだけだった。

実験の結果、私を1番満たしてくれるのは胸だった。とくに、乳首を触ると、全身がポカポカとした何かに包まれた気分になる。

そうやって乳首で遊んでいるうちに、そこだけで軽くイケるようになってしまった。

「ひゃ、はぁ……! んふっ、~~~~っ!」

私は前のめりになりながら自分の乳首を責め続けた。

窓の向こうから運動部たちの声がするたび、『声を抑えなきゃ』と思う反面興奮する。

 

気持ち良さで頭がぼうっとする。

まるで夢見心地。だけど次の瞬間、私の意識はいっきに現実へと引き戻される。

「――今日これからどーするよ?」

話し声がする。女子の声。しかも、すごく近くで。

間違いない。トイレに誰かが来たんだ。

「私6時からバイトなんだけどー」
「は、マジ? 時間ねーじゃん」

さすがに、私の手も一瞬止まる。

いつから居た? 半分していたこともあって、喘ぎ声が聞かれてたのではないか不安になる。

人数は3人。

どんな経緯で来たかは分からないけど、声だけでかぎりなくギャル寄りの女子たちであることが分かる。 はっきり言って、私と正反対で、すごく苦手な人種だ。

「バイトと言えばさー。この前『イイかも』って言ってたバイト先の人ぉ」
「あーだめ。アイツやっぱないわ。なんか馴れ馴れしいんだよね」
「はー。マジ最悪じゃん」

彼女たちは各々個室に入り、個室越しに会話を始める。私の居る場所を挟んで、マナーも何もなしに喚き始めるんだ。

どうやら、まだバレてはいないらしい。

 

安堵と興奮がいっきに湧き出す。

たとえば、私と同類の根暗な女子にオナニーしていることがバレたとしても、何もなかったようにそそくさと立ち去るだけだろう。

だけど、彼女たちにバレたとしたら、どんなにになるだろう。

「っ……! ぁ……!?」

そう頭で考えると、私の手がふたたび動き出してしまう。

私の喉から、蚊の鳴くような声が絞り出された。彼女たちと外にいる運動部たちの声にかき消されてしまう、ギリギリの声量だ。

あぁ。本当に、私の手はイジワルだ。

こんな危機的な状況で乳首責めを止めるどころか、もっと強く、激しくなるのだから。

 

「ぃ……!? ふ……、ぁ……!」

私の手は、もう単調な責めなんてしてくれない。私に声を上げさせるように、ことごとく不意を突こうとしてくる。

「ふっ、んぐっ、ぅっ……! ぁ……!」

指先で乳首をカリカリと引っかく。

長く快感を味わうなら最高の責め方だ。私はいつもでイッている。リズミカルな指の動きに合わせて、腹筋が震えているのが分かる。

「っ、ぁ、ぁ……! ひ、ぁ……」

手のひらで乳房をサワサワと撫で回す。

こういった優しい責め方は乳首責めのアクセントになる。自分でも、身体から力が抜けていくのが分かる。

「っぁ……っ!? ~~~~~~っ!!」

指で乳首を思いっきり捻り上げる。

優しい焦らしからのはまずい。快感のギャップが強すぎて、悲鳴が喉まで出かかってしまう。

アソコから愛液が垂れて、便器の中に落ちてゆく。

ポタポタという水音ですらネットリいやらしく聞こえて、バレないか不安になり、興奮した。

 

聞いた話によると、男子というのはトイレの時間がとても短いらしい。

小さいほうなら十数秒そこらで用を済ませて、ぱっぱと手を洗っておしまいだとか。

しかし、あいにく女子は違う。すごく、時間がかかるんだ。

 

カリカリ、カリカリ。

「ぁひっ、ぅ、あ……あぁ……!」
(この、3人。トイレ、長すぎ……! いつまで話して……!?)

サワサワサワ、サワサワサワサワ。

「ふぁ、ぃ……! ぁ……!?」
(早く、出て行ってぇぇ……!)

ギューッ、グリグリグリ、コリコリコリコリ。

「~~~~~~っ!!? ぁ゛……!? ~~~~!!」
(出て行って出ていって出ていってでていってぇぇぇっ!!?)

 

ガチャッ。

個室のドアが開く音が響く。1人が出ると、2人目、3人目もガチャガチャと扉を開けてゆく。

だけど、まだ。まだ声は出せない。

洗面台で手を洗って、出ていくまでもう少し。

カリカリ、カリッ。サワサワ、コチョコチョコチョ。ギューッ、クリクリクリクリ。

「ふぅ……っ! ふぅー……!」
(~~~~っ!! ~~~~~~~~~~っ!!?)

自分は今、どんなにみっともない顔をしていることだろう。

目からは涙がポロポロと溢れる。食いしばった歯の隙間から、荒い息が出続けている。

だけど、こんなみじめな状況は、すべて私自身が望んで招いていることだった。

 

洗面台の水の音が止む。

「なんかさー、隣の個室やたら息が荒かったんだけど」
「力んでたんじゃねーの?」
「あっはは。ちょ、さいってー」

そして、彼女たちの足音が、声が遠くなってゆく。

「っ、ぁ、ぁ……!!?」
(も、だめ……!)

 

「そんでさー……」
「――……」
「…………」

ただでさえ大きな声が完全に聞こえなくなった、その瞬間だった。

「ひっ!!? ~~~~~~~~っ!!! ぉ゛あ!!? ~~~~~~~~~~!! ~~~~~~~~~~っ!!!」

私は絶頂した。

寄りかかっていた便器の蓋がガタガタと鳴る。

今までで1番状況からの解放感は、自分でもびっくりするほどの快感を生んだ。

「~~~~~~~~っ!! っ!!? ~~~~~~~~~~!! ぁっ!? ~~~~~~~~~~!!!」

声は出さない。というより、出せない。肺が突っ張って、呼吸ができなかったから。

水の音が聞こえてから、自分が潮を吹いてることに気づいた。

 

学校のトイレで乳首を弄って、アヘ顔になりながら潮を吹く女子なんて、後にも先にも私だけだろう。

私の手は、そんな絶頂をいつまでも味合わせるように、自分の意志に反して乳首を責め続けていた。

 

カリカリカリカリッ。サワサワスリスリスリ。グリグリグリ、コリコリコリコリコリっ。

「~~~~っ!!! ぅ゛っ!!? ぁっ!! ~~~~~~~~!!? ~~~~~~~~~~!! ~~~~~~~~~~!!!!」

 

――――
――

 

「はっ……はぁ……! ひっ、はぁ……!」

(……すごかった)

私は、絶頂が通り過ぎてからその快感を反芻していた。

 

危ない状況でする乳首オナニーが、こんなに気持ち良いなんて。

今までもトイレでオナニーしていたけど、その魅力を再確認してしまった。

もう、普通に戻れそうにない。

 

「んっ」

乳首に触れると、まだ何回でもイケそうなぐらい敏感になっていた。

だけど、もうカラスの声が聞こえる時間だ。そろそろ帰らなければ。

私はトイレットペーパーでアソコを拭いて、身支度を整える。

そして、何食わぬ顔で個室の扉を開けて、手を洗って、その場を後にした。

 

(次はどうしよう?)

帰路で私は考えていた。

またトイレの個室でするのも良いけど、『もっと気持ち良くなりたい』とも思っている。

そう。私はもっと状況を欲していた。

たとえば、もっと人が来そうなトイレでオナニーするとか。

たとえば、胸におもちゃを付けてそのまま授業を受けるとか。

 

(そんな、まさか)

とんでもない発想に、私は首を横に振った。そんなことをしたら、私の高校生活はお終いだ。

(また今度考えよう)

だけど、私のアソコはジットリと湿っている。

その状況を、快感を確かに欲していることを、私はひとまず見て見ぬふりをした。

 

関連グッズ

乳首責めの定番アイテム
U.F.O. SA
U.F.O. SA

 

U.F.Oの専用ローション
VORZE スムースローション
VORZE スムースローション

売れ筋商品専用バナー:MILKください!
売れ筋商品専用バナー:りある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。